おすすめ筋トレグッズを紹介します!リフティングベルト【腰のサポーター】

グッズ

今回は、若い子が見ても玄人が見ても納得するイケてるトレーニンググッズのリフティングベルトを紹介します。

リフティングベルトは、主にスクワットやデッドリフトをする際に腰に巻いて、腰痛を予防したり、腹圧を上げてパフォーマンスを上げるものです。

初心者は使うことによって恥ずかしいかも知れませんが、トレーニングベルトを使うことにより、使用することに慣れて来てその後のトレーニング強度に関わってきますので、なるべく早い段階から使用することをオススメします。

僕の場合、腰痛も持ちなので、大体のトレーニング種目でリフティングベルトを付けながらやっています。なんか落ち着くんですよね。笑

以前の投稿でも書いたとおり、年をとるとあまりみっともない格好でジムに行くと、若い子にも増して良い印象を持たれません。
かといって、新品だからといって、あんまり訳のわからないデザインのトレーニンググッズも格好悪いですよね。

何を付けていいかわからない人のために、長年アパレルとトレーニングをしてきた経験から、アパレル目線でも納得のブランドやデザインでベテラントレーニーも納得のトレーニンググッズを紹介します。

リフティングベルト(Lifting Belt)

Schiek リフティングベルト Model 2004

ネオプレーンのSchiekのリフティングベルトです。買いやすい価格なのにMADE IN USAです。

こちらは軽量で持ち運びもしやすく、簡単に洗える、初心者にも取り扱いがしやすいリフティングベルトです。

よほどの高重量を扱わない限り、こちらで十分という声も多いですね。
色も沢山あって、選ぶのも楽しいですね。

安心の定番ブランドSchiekですし、初めて買うならコレって感じですが、かなり丈夫で長持ちもしますよ!




ROGUE USA NYLON LIFTING BELT

Rogue FitnessのこちらもMADE IN USAのナイロン製リフティングベルトです。
正直、僕が今一番欲しいのはこのベルトです笑。

Rouge Fitnessは、アメリカのオハイオ州にあるフィットネスブランドで、プレートやバー、ホームジムセットなども作っている超カッコいいブランドです。

尊敬すべきYoutuberのShofitnessさんのジムでRogueの用品を使用していることでも有名ですね。
どうやらShoさんのジムではこのベルトは使われてないようですが。

こちらは現在日本国内で買えるところは見つかっていませんので、アメリカのRogueのホームページで買うのが良いかと思いますが、送料がちょっと高いですね。。。お金に余裕がある人は是非!
アパレル目線でもめちゃくちゃかっこいいので、代理店とかやりたいな笑。




Schiek レバーアクション リフティングベルト Model L7010

レバーアクションのSchiekのリフティングベルトです。

こちらはレザーで着脱のしやすいレバーアクションのモデルです。

ナイロンの物よりもしっかりしていますので、高重量を扱うようになったり、腰に不安がある人に最適です。
最近は、超有名Youtuberカネキンさんも愛用してるみたいで、玄人感もかなり出て、かっこいいですよ!

レザー素材でレバーアクション仕様でこの価格は安いと思いますね。




SBD リフティングベルト

SBDのリフティングベルト。MADE IN GREAT BRITEN。

SBDは世界でも高い評価を受け続けているイギリスのストレングススポーツ用品メーカーです。

スクワット、ベンチプレス、デッドリフト、クリーン、スナッチや、その他のウエイトトレーニングを行う方たちのためのメーカーです。

SBDはS:スクワット、B:ベンチプレス、D:デッドリフトの略です。

かなり立派な革を使用しているので、馴染むのには時間がかかるようですが、非常に高級感があってカッコいいですね。

上級者や初めから本格的にカッコよく始めたい人にはオススメですね。



INZER レバーアクション ベルト10mm ネイビー

INZER ADVANCE DESIGNS社のレバーアクションベルトになります。INZER社はアメリカのテキサスにあるパワーリフティングスポーツの会社で、リフティング業界ではSBDやTITANと共にとても人気のあるブランドです。

米国特許のレバーワンタッチアクションで、運動能力向上性、耐久性、利便性、実用性すべて究極の1本です。

全日本選手権や世界選手権ではほとんどの選手に採用されています。

ブラックが多い中、このネイビーはポイント高いと思います。

こちらも、上級者や初めから本格的にカッコよく始めたい人にはオススメですね。




今回はイケてるリフティングベルトを紹介させていただきました。

他にもTITAN社製のものなどがありますが、今回は割愛させていただきます。

個人的にはレベルに合わせてグレードアップしていくのが良いと思いますが、とにかく早めにベルトに慣れさせて、アクシデントの予防とパフォーマンスの向上に勤めるのが良いと思います!

以上、イケてるトレーニンググッズを紹介します!(リフティングベルト編)でした!

コメント