40代も読もう! 筋肉博士 ”山本義徳先生”&著書まとめ【トレーニング編】

WORKOUT

近年フィットネス業界が盛り上っている原因には、何人かのインフルエンサーや、縁の下で支えている人々が活躍しているためだと思います。

しかしながら、山本義徳ほど昔からストイックに、もはや修行僧のように筋肉を研究していた人はいないのではないでしょうか?

そして、ようやく山本先生の考え方が、(特に日本の)時代が追いついてきています。

それほど時代の先端を行っていた山本先生自身も、フィットネスブームと共に大ブームになっていますので、これからトレーニングを初める人や初めたばかりの人は、とても参考になると思いますので、是非記事を読んでいただけたらと思います。


山本義徳先生とは

ボディビルダー、トレーニング指導者。

ダルビッシュ有選手、松坂大輔選手など、トップアスリートに筋力トレーニングや筋肉の使い方を教えている日本屈指のトレーナーです。

本人自身も日本を代表するボディビルダーとして世界の大会でも優勝しています。

筋肉の求道者ともいえるほど全てのことを筋肉に注ぎ込んだ人物だと思います。その探究心から、現在の山本先生の知識は、他の追随を許さないほど蓄えられています。

精悍な顔つきに、今もバルクがすごいのですが、非常に物腰が柔らかく、本当に強い人は、本当に優しいということを体現されている方です。

本当に心から優しくて、真面目なんだなぁと動画を見ていると感じ取れますよ!


著書

山本先生は、はじめは自分自身のためにトレーニング理論や栄養学を学んでいたのですが、データが膨大になり、そのことを多くの人に伝えたい思いから書籍を出版しています。

僕も読んだのですが、トレーニングを初めた頃に読んでいればどんなに良かったかと思うほど、非常に有用な事柄ばかりです。

筋トレは完全にエビデンスの塊ですので、初心者の方ほど現在の理論を学ぶことがスタイルをよくする一番の近道ですので、これらのバイブルを手にすることをお勧めします。

その中でも、個人的に特にオススメの著書をピックアップして紹介します。


書籍

家の本棚に置いておきたい書籍になります。

101理論といって山本先生の推奨する理論に基づいています。

101理論とは、自分の体の能力が100だとすると、ほんの少し無理をして101くらいの刺激を与えると言うこと。

オールアウトや補助をしてもらって追い込むとやりすぎの120や130になってしまうこので、101くらいにサッと終わらせ回復させるという理論です。

ここでは、これらの理論やウェートトレーニングの方法の解説を中心とした書籍になります。

ウェイトトレーニング -実践編

値段以上に非常に有意義な情報が盛りだくさんで、非常に信頼性が高く、Youtubeや筋トレウェブサイトに書かれている多くの筋トレ理論を見すぎて、逆に迷った人は、山本先生が正解を出してくれると思います。

乱立するトレーニング方法や理論に終止符を打つといっても過言ではありません。

多くの種目をしすぎているなと感じている人や、逆にどの種目をこれからやっていこうと迷っている人たちの迷いを消してくれる本だと思います。

トレーニングを初めたばかりの人はもちろん、上級者も必須のアイテムです。




ウェイトトレーニング -理論編-

こちらも値段以上に非常に有意義な情報ばかり。

やはり理論的に、実に詳しく調べられており、今まで培ってきた知識をこれでもかと教えていただいている良書中の良書です。

こちらはメニューというよりも、理論を認識、再認識する本になります。

山本先生の著書どの本にも言えることですが、先生の体が本の信頼性を物語って言います。実践編と共に揃えておいて間違いないですね。



Kindle

上記のウェイトトレーニング -実践編と内容が重複してしまうのですが、こちらはKindle版なので、スマホやタブレットに持ち運びや保存に適していますし、各パートごとがかなり安く購入出来ますので、徐々に揃えていっても良いですね!

一冊650円のもあり、安すぎです。。。

今も継続して業績集を編集しているとのことなので、これからも楽しみですね。

部位別トレーニング法 -胸と背中、腹編-:Kindle版

部位別トレーニング法 -肩と腕、脚編-:Kindle版

山本義徳 業績集8 筋肥大・筋力向上のプログラミング:Kindle版

ウェイトトレーニングのテクニック: 山本義徳 業績集9 山本義徳業績集:Kindle版




これらを読めば、トレーニングに関する知識は十分なほど、かなり向上します。

個人的には、将来パーソナルトレーニングを是非受けてみたいですし、動画などの映像にも出られるのを楽しみにしております。

これからのレジェンド山本義徳先生の動向も楽しみですね!!

コメント