おすすめスポーツジム!種類別ジムのメリット、デメリット紹介!

WORKOUT

フィットネスブームで現在、色々な種類のジムがあり、どのジムに行くか迷ってしまいますよね。

地域の公営ジム、セントラルスポーツジムのような総合系ジム、JOYFITのような24時間系ジム、ゴールドジムなどの本気系ジムなど、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

それぞれの種類のジムに通っていた経験から、メリットとデメリットを紹介します。

ジム選びに迷ってる人は参考にしてみてくださいね。


公営ジムのメリットとデメリット

メリット

  • 料金が安い。
  • 月極めではない。
  • 初心者からベテランまで幅広い。
  • TATTOOが入っていても通える。

デメリット

  • ガラの悪い人が多い。
  • 清潔感に欠ける。
  • 異常に混んでいるジムもある。

総評

筋トレや運動をしたいと思い立った時にまず行きやすいのが公営のジムだと思います。

器具はジムによってマチマチです。

メリットである月極めではなく安いので取っ掛かりには良いのではないでしょうか。

月極めではないと、逆に行かなくなる可能性がありますよね。

そして、結構ガラの悪く、その仲間たちも多いジムもありますので、気分良く出来ない可能性があります。

個人的には、月契約のジムに行って、休みや気分を変えたい時になど利用する程度で良いかと思います。


総合系ジム(セントラル、コナミなど)

メリット

  • プールがある。
  • 24時間系ジムよりも器具が揃っている場合が多い。
  • 和気藹々としている。
  • お年を召した方が多いので、殺伐としていない。
  • スタッフがフレンドリー。
  • 清潔感がある。
  • お風呂やサウナがある。

デメリット

  • 会費が高め。
  • 仲間意識が強い。(入りづらい)
  • スタッフが良い体をしていない人が多い。

総評

バランスが取れているジムだと思います。

スイミングをしたい人であれば、総合系ジム一択だと思いますね。

しかしながら、メリットでもありデメリットでもある、仲間意識が強い点は要チェックですね。

因みに僕は全然馴染めなかったです。笑

しかしながら、お風呂やサウナは良かったです。僕の行ってたところは露天のジャグジーがありました。


24時間系ジム(JOYFIT、エニタイムフィットネスなど)

メリット

  • 24時間いつでも行ける。
  • 時間帯により空いている。
  • 仲間意識が少ない。
  • 安い。
  • 場所によってはすごく良い器具が置いてある。

デメリット

  • スタッフがいない時がある。
  • 簡易的な器具しかないところもある。

総評

どちらかというと、都会的なサッパリ感がありますね。

同じジムでも行く場所によって器具もバラバラで、簡易的な器具の場所もあるのですが、結構充実している場所もあります。

特筆事項はやはり、安くていつでも行けるところですね。

しかし、いつでも行けると言っても、真夜中や早朝は行かなかったですね。


本気系ジム(GOLD GYMなど)

メリット

  • 周りの人たちのレベルが高い。
  • スタッフの意識が高い。
  • 器具が充実している。
  • プロテインなどのサプリメントが充実している。
  • 皆さん集中しているので、意外と静か。

デメリット

  • 自分が弱く見える。
  • デッドリフト台がなかなか空かない。

総評

メリットは断トツで筋肉を付けることに特化した点だと思います。

周りの人たちや、スタッフも意識が高く、とても精度の高い情報を持っていると言って良いでしょう。

デメリットとしては、自分が弱く見えて自信が無くなってしまうという点でしょうか。

しかしながら、ムキムキの人たちは意外と礼儀正しかったり優しく、本当は全然気にしなくて良かったりしますよ。


個人的おすすめは…

なかなか選択が難しいところですが、『本気系ジム』に軍配が上がります。

今、本気系のGOLD GYMに行っていて、とても満足しているからです。

やはり筋肉に特化している点が、行くとモチベーションも上がるところが気に入っているところですね。

ちょっと怖いイメージがありますが、全然怖くなく、初心者の方だからこそ、基礎をしっかりやって、フォームを綺麗にして、怪我なく、綺麗な筋肉をつけるのに最適かと思います。

しかしながら、結局はそれぞれの通いやすいライフスタイルに合わせたジムに行き、続けることが非常に大事です。

ですので、もし24時間系ジムに行くことを選んだ場合には、YOUTUBEなどをよく見て研究しつつ、体に無理なく、時間を無駄なく筋肉付けるようにするようにしましょう。