少しの意識で脂肪を減らすおすすめ習慣

ダイエット

無理せずに痩せたいという人は必見です。

少し意識するだけで脂肪を減少させるコツを紹介します。

これから紹介することは、ほんの少しの意識改革が重要で、クセになりさえすれば、なんてことない簡単なことばかりです。

無理して痩せることは体にとっても、綺麗に痩せるという点においても、非常によくないことなんです。

というのは、ストレスを体に与えるとコルチゾールというホルモンが出てきてしまい、筋肉を減少させるということになってしまうんです!

筋肉を減少させると、代謝が下がり、どんどん痩せ辛くなったり、健康的な生活を維持できなくなったりするんですよ!

僕も少し太ってしまったりして痩せたい時などは、この習慣を利用して、1ヶ月に3キロほど、 2ヶ月で5キロほどサクッと減量します。

ぜひ試してみてくださいね!

何をどう食事するかが大事

何事も辛いことはなかなか続きませんし、先述したストレスを与えることも良くありません。

下記のような習慣を覚えておくことによって、出来るだけ守っていくことが大事です。

・食事の量を朝>昼>夜の順番にする。

・食事を自分で作る。

・出来るだけ油をとらない。

・食事を抜かない。

・夜ごはんをチキン野菜スープにする。

・お腹が減ったら我慢しない。

 

これらの意識で脂肪を減らしやすくなる理由とメリットを解説します。

食事の量を朝>昼>夜の順番にする。

これは非常に良く言われていることですよね。

簡単に言いますと大部分の人は、朝から活動しているので、朝食べたものは夜までに消化してカロリーに代わり、消費されているということです。

逆に夜食べたものは、寝るまでにカロリーを消費せず、あまりエネルギーを消費しない睡眠時までカロリーを持ち越してしまうために太りやすくなるんですね。

なので、脂肪を減らすための習慣としては、なるべく朝に多く食べ、夜は減らすという意識になると良いと思います。


食事を自分で作る

二番目は食事を自分で作ることです。

なぜそれが大事かというと、その食べ物には、何が入っているか容易に把握できることが大事です。

例えば、外食したときなどは、どのくらい油や塩分が使われているか分からずに食べていたりしますよね。

自炊した場合だと、自分で調節するだけで簡単に油を減らせたり、塩を減らせたりすることが出来ます。

食事のバランスを美味しくコントロール出来るんですね。

僕の家庭でも自炊をするのですが、ダイエットメニューなのにとても美味しいメニューなどがあって、全く問題なく、むしろ楽しくダイエットが出来ています。

今度激ウマダイエットメニューを紹介しますね。


出来るだけ油をとらない

出来るだけ油(脂質)をとらない意識が大事かなと思います。

全く油をとらないのは良くないのですが、現代社会の食事には、脂質にあふれています。

そしてトランス脂肪酸など、あまり体には良くない脂質も多いです。

ですので、なるべく脂質をとらないようにして、良い油をとるのが健康にもダイエットにも良いかと思います。

良い油というのは、オメガ3などの脂質で、アマニ油やアボカド、青色の魚に含まれています。

マーガリンやショートニングの含まれる食事はダイエットだけでなく、健康面からも摂取するのは避けたほうが望ましいですね。


食事を抜かない

よく言われていることなのですが、【食べて痩せる】というのが本当に大事なんです。

最初に述べたように、無理して食べずに痩せると、色々な栄養素が足りずに健康面で障害を起こしますし、筋肉を減らしてしまうと、ますます痩せ辛くなり、リバウンドもしやすいです。

僕も昔、食べずに痩せたことがあるのですが、どんどん体重は落ちたのですが、結果的には筋肉量は落ち、見事にリバウンドしてしまいました。。。

そして、筋肉を減らしてしまうと、老後の筋肉不足の影響も見逃せません。

出来るだけ食事を抜かないようにしていくことが、長い目で見ると非常に重要だと思います。


夜ごはんを野菜スープなどにする

これも実は意外と重要な情報で、夜ごはんを野菜スープにすると良いでしょう。

先述したように、夜に食べすぎると睡眠中にカロリーが消費されず、夜にタンパク質や野菜中心のメニューにするとより良いですね。

僕のオススメはトマトのホール缶とコンソメのキューブをベースに、色々な野菜を入れてただ煮込むだけの簡単スープがおすすめです。

これは多く作って小分けにして冷凍しておけば、いつでも食べることができますし。

このスープに煮た大豆や鶏の胸肉を入れておけば、タンパク質も完璧です。

もし外食になってしまうときには、ささみの焼き鳥(塩)やサラダなんかのメニューもおすすめです。


お腹が減ったら我慢しない

こちらも意外と思われるかもしれませんが、お腹が減ったら我慢しないことが大切です。

やはりリバウンドが一番怖いので、我慢しすぎず、低脂質や低糖質のものや、カロリーが控えめなものを食べたほうがいいと思います。

オイコスのヨーグルトなどは非常に優秀な食品だと思いますし、僕もしょっちゅう食べていますね。

本当にタンパク質不足での筋肉量の減少はオススメしないので、積極的にタンパク質のものはとるようにしています。

ほんの些細なことで脂肪を減らせるなら、チャレンジする価値はあると思います。

補足ですが、ハーバード公衆衛生大学院が出版した「健康的食事プレート」に記載されている健康に良い食事の内容も載せておきますね。

こちらも意識して食事を選ぶととても良いと思います。

 

・芋類以外の野菜の量と種類は多いほど良いのでたくさん食べましょう。

・果物も糖質に注意して色々なものを食べましょう。


・穀物類は全粒粉を選び、色々な種類を食べましょう。


・タンパク質は、魚、鶏肉、ナッツ、豆類から摂取し、加工肉や赤肉は極力避けましょう。


トランス脂肪酸は避け、オリーブオイルなどのオメガ3オイルを使いましょう。


・糖質のある飲み物を避け、水、紅茶、コーヒーを飲みましょう。

ハーバード公衆衛生大学院とハーバードヘルス出版「健康的食事プレート」より


意識が変わると全てが変わり始めるので、ちょっとだけ頑張ってみてくださいね!

それでは!!